ぜんざい発祥の地 出雲の甘味処 ぜんざい学会壱号店

日本ぜんざい学会壱号店のご紹介

お店の紹介

日本ぜんざい学会壱号店は出雲大社のお膝元 神門通りのぜんざい専門店

詳しくはこちらをご覧ください

メニューのご紹介

ぜんざい発祥の地出雲ならではのバリエーション ぜんざいフリークをうならせるメニューをお楽しみください

詳しくはこちらをご覧ください

ギフト商品のご紹介

ギフト商品・関連商品をご紹介します

詳しくはこちらをご覧ください

クーポン情報モバイルアクセス

ぜんざい学会 オリジナルCD YouTube で試聴できます!!

ぜんざい音頭

ぜんざい音頭

ぜんざいロック

ぜんざいロック

ふたりの出雲ぜんざい

ふたりの出雲ぜんざい

「ぜんざい」発祥の地 出雲

出雲國に神在もちいと申事あり 。

京にてぜいざいもちいと申すハ。 これを申あやまるにや。

十月にハ日本國の諸神ミな出雲國にあつまり玉ふゆへに。 神在と申なり。

その祭りに赤豆をにて汁をおほくし。 すこし餅を入まいらせ節々まつり候を。 神在もちいと申よし。

(祇園物語より抜粋)

 

ぜんざいは、出雲地方の「神在(じんざい)餅」に起因しています。

出雲地方では旧暦の十月には全国から神々が集まり、この時「神在祭(かみありさい)」と呼ばれる神事が執り行われています。

そのお祭りの折に振る舞われたのが「神在餅(じんざいもち)」です。 その「じんざい」が出雲弁で訛って「ずんざい」さらには「ぜんざい」となって、京都に伝わったと言われています。

「ぜんざい」発祥の地は出雲であるということは、江戸初期の文献、「祇園物語」や「梅村載筆」(林羅山…儒学者)、「雲陽誌」にも記されています。